新潟県三条市にある株式会社功明社(こうめいしゃ)は、浄化槽の維持・管理・清掃・販売・施工、水質調査、グリストラップ設置・排水溝・配水管の修理・つまり直しを行っています。

よくある質問

浄化槽について

  • 保守点検(管理)とは?

    いつも汚水が、正しく分解処理されるように、汚泥(微生物)の管理や槽内の装置・付属機器を点検する仕事です。県知事登録を受けた当社(浄化槽保守点検業者)へご依頼してください。

  • 清掃(汲み取り)をしていれば、点検(管理)はしなくていいの?

    点検と清掃は、浄化槽法により、定期的に実施することが義務付けられています。
    注1:「浄化槽法第3条第3項」
    「浄化槽を使用する者は、浄化槽の機能を正常に維持するための浄化槽の使用に関する環境省令で定める準則を遵守しなければならない。」と規定されています。

    注2:「浄化槽法第10条(浄化槽管理者の義務)」
    「浄化槽管理者は、環境省令で定めるところにより、毎年一回(環境省令で定める場合にあっては、環境省令で定める回数)、浄化槽の保守点検及び浄化槽の清掃をしなければならない。」とされています。

  • 管理及び清掃の回数は?

    浄化槽法では20人槽以下は4ヵ月に1回以上、21人槽以上では3ヵ月に1回以上の保守点検が必要とされています。また処理方式や使用状況等で、点検回数が異なる場合がある為、当社の担当者がお伺いをして、詳しいお話をお聞きしながらお客様の浄化槽に合った回数をお決めください。

  • 法第11条検査(定期検査)は、必ず受けなければならないの?
    また、なぜ受けなければならないの?

    定期検査は、浄化槽法第11条で決められていて、浄化槽管理者(お客様)の義務になっていますので1年に1回必ず水質に関する検査を受けましょう。これは自動車でいう車検のようなものです。定期検査は保守点検業者ではなく、都道府県知事指定の指定検査機関が行います。くわしくは、最寄りの検査機関へお問い合わせください。
    三条地域:(財)新潟県環境衛生研究所

  • 浄化槽って何?

    浄化槽とは、トイレの汚水の他、生活雑排水(雨水以外の台所や風呂等)もバクテリア(微生物)の働きにより分解処理できる施設のことを言います。

  • 浄化槽の中に微生物がいるってほんと?

    浄化槽の中には汚物(有機物)を食べて汚水を浄化するバクテリアや原生動物などの微生物が存在します。この微生物の中には空気(酸素)を必要とするものと、必要としないものがありますが、これらの微生物のそれぞれが働きやすいように環境を整えてやることが浄化槽にとって大切なことです。

  • もし、トイレや台所が詰まったら?

    トイレや台所、お風呂の排水が詰まったら、遠慮なく当社へご相談ください。担当がお伺いし、適切に詰まりを解消致します。

  • 洗剤を使って便器やお風呂を洗いたいけど?

    トイレやお風呂、台所も共通して中性の洗剤の使用をお勧めします。酸性やアルカリ性の洗剤は強い為、なるべく避けて頂きたいと思います。浄化槽内の微生物に影響が出て、水質の悪化、悪臭の原因になることがあります。尚、洗剤の使用量はなるべく少なめにし、浄化槽に影響が出ないように考慮しましょう。

  • 臭いが気になるのだけど?

    浄化槽の臭気に関しては、ブロワ(送風機)の故障や使用上のトラブル、また季節によって様々な原因が考えられる為、お伺いして状況の確認が必要となります。お気軽にお問い合わせ、ご相談をください。

  • 浄化槽の上に物を置いても良いのかな?

    浄化槽上部またはマンホールの上に物を置きますと通常の機器の点検、調整や故障時の作業ができなくなる場合もありますので避けてください。

  • ブロワ(送風機)の寿命はどのくらい?

    消耗品の交換は、基本的に一年に一回の交換が必要となりますが、本体の寿命は、7~8年程度が目安となります。

  • しばらく不在(使用しない)になる為、ブロワ(送風機)の電気は止めてもいいですか?

    そのまま電気を止めてしまうと浄化槽内の水が腐敗し、悪臭の原因になる為、一度清掃(汲み取り)を実施してきれいな水を張った後に止められる事をお勧めします。

  • 浄化槽から虫が出て来るけど異常なの?

    ほとんどの浄化槽には、虫が発生します。予防及び駆除の為、定期的に殺虫プレート等の取り付けをお勧めします(別途費用が掛ります)。

 

閉じる