新潟県三条市にある株式会社功明社(こうめいしゃ)は、浄化槽の維持・管理・清掃・販売・施工、水質調査、グリストラップ設置・排水溝・配水管の修理・つまり直しを行っています。

浄化槽

合併処理浄化槽の仕組み

トイレ・台所等から流された汚水は、先ず嫌気濾床槽に入ります。嫌気濾床槽では汚水中の浮遊物が除かれると共に、プラスチック製の濾材の表面に付いた嫌気性微生物(酸素の無い所で繁殖する微生物)が汚水に含まれる有機物を食べてくれます。

続いてもう一つの嫌気濾床槽を通り、同じ処理を繰り返してから、接触ばっき槽に入ります。ここには好気性微生物(酸素が有る所で盛んに繁殖する微生物)が待ち構えていて、ブロワー(送風器)から送り込まれる空気の助けを借りて更に有機物を分解します。こうしてきれいになった上澄みの水は消毒槽で消毒されてから放流されます。

有機物を分解しながら増え続けた微生物は、汚泥となって沈殿槽に沈みます。このように汚水が浄化されるということは汚れの成分が水から取り除かれ汚泥として浄化槽の中に溜まるということです。この働きを維持させる為に1年に1回は清掃する(溜まった汚泥を引き取る)ことが必要です。又、嫌気濾床槽の代わりに沈殿分離槽を設けるタイプの合併処理浄化槽もありますが、性能は同等です。

 

閉じる