新潟県三条市にある株式会社功明社(こうめいしゃ)は、浄化槽の維持・管理・清掃・販売・施工、水質調査、グリストラップ設置・排水溝・配水管の修理・つまり直しを行っています。

メンテナンス部

浄化槽保守点検・清掃

保守点検作業の主な項目

  • 」の箇所の項目については、点検時の状況及び、浄化槽の構造等によって実施させていただきます。
  • 各槽及び装置の表示は各メーカーによって異なりますので詳しくはお手元の取扱説明書をご確認願います。

保守点検作業フロー

ご使用状況の確認

  • 1連続運転

    好気性バクテリアを繁殖させる為、ブロワーの電源は切らないで下さい。

  • 2異物の混入

    台所から出る調理くず、残飯、てんぷら油は絶対に流さないで下さい。

  • 3不溶解性物の使用

    トイレットペーパーは専用(溶解性)の物を使用し、紙おむつ、ティッシュペーパー等は流さないで下さい。

  • 4劇薬品の使用

    便器の洗浄に塩酸系等の劇薬は使用しないで下さい。浴室用カビ取り剤等の薬品は出来るだけ使用を避けて下さい。

  • 5洗濯洗剤の適量

    洗剤は適量をお使い下さい。

一般点検

  • 6マンホールの確認

    マンホールに割れ、亀裂が発生していないかの確認をします。

  • 7配管系統の確認

    配管中、汚水マスに詰まりがないか、勾配が取れているかを確認します。

  • 8騒音・振動の有無

    ブロワーや浄化槽から異常音や振動が発生していないかを確認します。

  • 9衛生害虫の確認

    浄化槽内に発生するハエ・蚊等の害虫の発生の有無を確認します。

水質測定

  • 10透視度

    処理水の透視度を測定します。

  • 11残留塩素

    消毒剤が適度に解けているかの検査で、検出されれば正常です。

  • 12色相

    放流水が濁っていないかを確認します。

  • 13臭気

    放流水は正常で有れば、殆ど無臭です。臭う場合はブロワーの停止などの不具合や使用上の問題等が考えられます。

  • 14水温

    浄化槽内の水温が適正かどうかを測定します。

  • 15DO(溶存酸素)

    二次処理槽(前)に十分に空気が送られているかを測定します。

  • 16pH(ペーハー)

    放流水のpHを測定します。

  • 17亜硝酸性窒素

    処理水が水質検査でピンク色になれば、浄化槽内が正常と判断します。

構内点検

  • 18一次処理槽(前)

    底部の汚れや上部の汚れ等を測定し清掃の目安にします。

  • 19一次処理槽(後)

    濾床への汚れの付着、閉塞の確認をします。

  • 20二次処理槽(前)

    濾材押さえ板上の汚れの発生を確認し目詰まりを除去します。

  • 21二次処理槽(後)

    浄化槽底部の汚れを確認します。

装置点検

  • 22ブロワー

    エアーフィルターの清掃、ダイヤフラム等の消耗品を点検します。

  • 23タイマー

    ブロワーに付属しているタイマー等の確認をします。

  • 24エアー配管

    エアー漏れ、配管内部の詰まり等を確認します。

  • 25循環装置

    循環用バルブの設定をし、移送量の測定及び調整をします。

  • 26移送管

    移送管内の汚れの付着を確認し、管内の清掃をします。

  • 27逆洗装置

    タイマーの手動逆洗スイッチを操作して洗浄状態を確認し、更に逆洗排水量を確認します。

  • 28消毒槽

    薬剤筒の消毒剤が溶けて処理水を消毒しているかを確認します。

  • 29消毒剤の補充

    処理槽の処理水を消毒する為に定期的に薬剤筒に補充します。

  • 30二次処理槽

    浄化槽内のばっ気に偏りが無いか、水位の異常上昇は無いか等の確認と担体等の確認をします。

点検報告

  • 31点検報告

    点検後、機能状況を報告します。
    又清掃時期などを判断し報告します。修理・部品交換の必要が有れば詳しく説明します。

 

閉じる